ブロンゴブログ

LoL(League of Legends=リーグ・オブ・レジェンド)の考察ブログ。jungleとmidがメインです。

カテゴリ: 初心者向け

ミッドのファーストタワーは特に重要だと言われています。それはミッドのファーストタワーの有る無しでは視界が全然違うためです。

mid

上が味方ミッドファーストタワーの視界です。マップ中央に位置する重要な四方向の道への視界情報が得られてます。

69e2ef83f9919a83b71c0f96da3c80c2

ミッドレーンの視界は意外に重要で、みなさんも上記のようにワードを置いたりするはずです。それほどミッドレーンの視界が大事だということです。
※このワードに限っては相手のミッドタワーに看破されて破壊されます。位置はもうちょっと考えましょう。

bot

トップやボットタワーではせいぜい3方向だし、マップの端の視界なので比較的重要度の低い視界情報ですね。

mid2

また、ミニオンには視界を得られる効果があります。すなわち、動くワードというわけです。プッシュすればミッドレーンの視界を広く得られますが、ミッドファーストタワーがあるとそこで「ワード」は消されます。

42d72f05a43a6430e67935f9e01261f2

mid3

そこで、ミッドファーストタワーを折るとどうなるでしょうか。視界が一気に広がります。例えば敵ジャングラーが鳥→狼というファームルートを辿ると見えるようになります。さらには敵はタワーが折れたことによって安全地帯が激減します。そのため、ワードを置きに行くにも消極的になり、やはりこれも視界差を広げる要因となります。

以上より、ミッドファーストタワーは超重要だということが分かるかと思います。ドラゴンと交換なんかしては絶対にダメです。また、ミッドにプッシュ力・ウェーブクリア力のあるチャンプを置くことも納得できるかと思います。

・なぜ2topは駄目なのか
2topは敵topをゾーニングにより金銭的に腐らせることができるという利点を持つが、 それ以上に経験値・CSのロストが大きい。top+junglerと2topを比べると圧倒的に前者の方が金銭的・経験値的に得する。

・なぜad rangedが必要なのか
adはskillを打つ必要がなく、持続的な火力を出すことが可能となる。持続的火力は主に集団戦・タワー折り・jungleオブジェクトに役立つが、特に集団戦とタワー折りにおいてはrangedの方が狙われにくいため安定して火力を出しやすい。逆にad meleeで武器のみを積んだ場合、focusを受けて死ぬことになる。

 ・duo laneはなぜ片方にCSを集めるのか
このゲームは一人が腐ることよりも一人が育つことの方が価値が大きい。「均等に育った5人」よりも、「超育った3人と弱い2人」という構成の方が強い。なのでsupportが金銭的に腐ったとしてもadcが育てば良い。

・duo laneはtopに配置してはいけないのか
重要なオブジェクトであるdragonがbotにあるため、botに人数を割いておくとdragonを取りやすくなる。topにもbaronというオブジェクトはあるが、それを取る状況になるころにはレーン戦という段階は終わっているのでduo laneをどこに配置するべきかの議論では重要な論点とならない。
ただし、最近ではtop側にはRift heraldというオブジェクトが沸くようになり、top側にduo laneを置くのも有用ではないかと考えられることもある。これについては議論の決着がついているわけではないが、今までの慣習からduo laneはbotに行くことが多い。
また、proではdragonを取られる心配がない最序盤のみtopにduo laneを置き、早々とtop towerを折ることでその後のtop lanerが動きやすくする動きも見られる。

・APはなぜ必要なのか
APがいなければ(通称all ad)、敵側としてはArmorだけを積めばよいことになる。APがいれば、敵側はArmorとMRの両方を積まなくてはいけなくなるため、防具の負担を大きくすることができる。
最近ではAD champが強力であるため、各自が好きなchampを選んだら結果的にall adになってしまうこともある。all adに特別なメリットはないため、避けられるならば避けたいところである。

・AP(= mage)はなぜmidに配置するのか
APはskillに依存し、瞬間火力・AOEに優れているため、小規模戦および集団戦で活躍しやすい=戦闘が強い。midにいればどこで戦闘が起きても駆けつけて戦闘に参加しやすくなるため、戦闘の強さを活かしやすい。
また、mageは比較的遠くからのwave clearが得意なため、重要なオブジェクトであるmid towerを守るのに適している。また、mageへのcounterのためにassassinが配置されることも多い。
逆になぜZedやtalon、yasuoといったad champをmidに配置しても良いかというと、①戦闘が強い②wave clear力がある③mageのcounterのassassinである、の3つの理由が主である。

・なぜduo laneはad ranged+supportなのか
ad rangedは基本的にレーン戦が弱いので、supportが保護して育てる必要がある。APは基本的にlaneが強く、solo laneにも向いている。はまた、APはskill levelにも火力が依存しやすく、Lvの高さが重要となるため、経験値が分散されるduo laneにするのは良くない。一方、ad rangedの火力は装備に強く依存するため、Lvを高くする必要性が比較的低い。

・topとmidの違いは何か
duo laneであるbotと、dragonが近いのがmidであり、味方と連携して戦うのがmid。逆に孤立して戦うのがtop。よってtopでは1対1の強さ、レーンの強さが特に重要となる。

・topにはなぜfighterが向かうのか
一般的にfighterは基礎ステータスが高くlane戦が強めである。また、レーンが長いことによりpushしたときにgankから逃げにくい。tankyであることでgankに耐えやすくなる。レーンが長いのでレーンの調整が難しく、一回topで有利がはっきりするとゾーニングによりさらに腐らせられるレーンである。rangedはやわらかく死にやすいため一度不利になると腐らせられやすい。
逆にAP rangedのlissandraがtopに行ける理由は①レーンが強い②gankからの逃げが優秀③fighterのcounterである、が挙げられる

・なぜtopはTPを持つことが多いのか
孤立していると味方との連携が取れない。それを補うことができるのがTPである。逆にTPを持たない場合は味方と連携を取る必要がある時間では味方とともに行動することが求められる。例えばTPがない場合、dragonの時間にはdragon付近に寄るべき。

今回はAAハラスについて。
初心者にとってAAハラスは少し敷居が高いかもしれません。が、レーニングフェイズの序盤ではスキルとAAの火力にそこまで違いはありませんから、AAでのハラスは重要です。本記事ではAAハラスする上での基本知識を解説したいと思います。

まず、rangedのAAハラスは強いです。rangedによる射程の差は大きく、AAでハラスできるタイミングが格段に増え、rangedはmeleeにはAAハラスで有利を得ることができます。その代わりmeleeは基本能力が高く設定されているので、多少のハラス差ではそこまで不利にはなりません。逆に言えばrangedはAAハラスで有利を得なければ、いつのまにかどんどん不利になっていくことでしょう。

AAのハラスする上で注意したいのが、敵チャンピオンにAAを入れると、敵minionの攻撃対象が変わり、自分がフォーカスを受けることになります。

776198e3cc3d852357d2c11803253133

敵チャンピオンにAAを入れると……

e0a6002796dda693d76e78304bb9ed58

敵のミニオンがこちらに気付いたような仕草をして、敵のミニオンに狙われます。序盤のミニオンの攻撃は予想以上に痛いので、この攻撃はなるべく受けたくないです。そのため、敵チャンプにAAを入れた後はすぐに自陣側に退くようクリックし(引き撃ちの要領)、ミニオンの狙いを外すことが必要となります。これをすることで敵ミニオンから受ける攻撃はせいぜい一回程度で済むので、有利なダメージ交換をすることが可能となります。

このシステムがあるので、AAハラスをするときにはミニオンの状況には注意しなくてはなりません。ミニオンが味方よりも敵の方が多い場合には、AAで殴りあったとしてもミニオンの攻撃の差でダメージ交換に負けてしまいます。逆にこちらのミニオンの方が多い状況ならAAの交換をしてもダメージ交換勝ちができるので、積極的にAAを試みるべきです。

53ac9406681095e0f967298bd4f0f1f9

例を一つ挙げます。敵jaxが飛びこんでAAを入れてきました。jaxはfighterなので殴り合いは強く、ダメージは痛いですが……

336fc3d69a1d0325fadce4224c2a989a

敵はミニオンが3匹に対し、こちらのミニオンは6匹。一斉にミニオンのフォーカスを受けます。

58138ba24bacd40505dc90a29088e23d

ダメージ交換の結果を見れば、こちらのHealthが6割→5割で、敵のHealthが7割5分→5割となってます。ミニオンの差によってこれだけダメージ交換に影響が及ぼすことになります。

まとめ
rangedはAAハラスが強い
AAハラスしたあとはすぐ退いてミニオンのフォーカスを逸らす
AAハラスはミニオン差で勝ってるときにすると良い

以上です。この記事はSoulerさんという方がなされた解説の影響をかなり受けてます。動画が上がってるので、見たことない初心者の方は視聴することを強くオススメします。

 
 

初心者だと、ハラスは敵のHealthを削ること、と理解しているかもしれません。確かにそういう側面もあり、相手をギリギリまで削れた場合にはリコールを強制させたり、上手くいけばソロキルすることができます。
ただ、ハラスの本来の意味を思い出して欲しいです。言葉の意味からすればハラスは「嫌がらせ」です。それも、ラストヒット(LH)に対しての嫌がらせだと思ってくれれば理解が早いかと思います。LHのタイミングが一番敵が立ち止まる時間であるため、そこを狙えばスキルが当たりやすくなります。以下で例を挙げて説明します。

371b50cd45945fb780982be835d472b4

上の画像を見てください。初心者は自分のとれるLHに集中しがちで、敵ミニオンしか見ない傾向にあります。ここで味方ミニオンに目を向けてみると、前衛ミニオンの一体がまもなく死にそうです。敵のannieはこのミニオンのLHを取りたいならAAかQを撃つために立ち止まる必要があります。

c61fe7bed478f96d6d6e4e02f80e2eaa

そこを狙ってQを撃つと……

 74a275479afb9087712407eca5b74776

敵はミニオンのLHには成功しましたが、AhriのQのダメージを受けることになりました。敵が最も立ち止まってるタイミングであるLHを狙ったおかげと言えるでしょう。LHを取ってる最中なので、反撃するのも少し難しくなってます。仮に相手がこのスキルを避けるために回避行動をとったとしてもLHを逃すことになるので、相手としては不満でしょう。重ねていけば自然とHealth差もしくはCS差が生まれ、レーンで有利になっていきます。

逆にLHを取る側の立場としては、LHをする瞬間が最も狙われる瞬間だということは留意しておかねばなりません。LHを取る際には位置取りを気をつける、AAで取ると見せかけてスキルでLHを取る、というような工夫をしていくことが大事です。さらに高度になってくるとハラスの瞬間を狙ってハラスをしたり、AAでLHとるモーションをキャンセルしてハラスを回避してその後AAで普通にLHを取る、のように読み合いにキリがなくなってきます。ただ、そういう読み合いの前提としてLHのタイミングを狙うのが基本ということを知っておいた方が良いでしょう。

まとめ
ハラスのタイミングは敵がLHを取るとき

初心者向けのAP itemの解説となっております。「ビルドは考えて積め」と言われても、そもそも初心者には考える材料がありません。itemの利点やどのような場面で積むのかを知ることで、自分で考えてアイテムを積んでいくことができるようになります。


item_doransring
Doran's Ring、通称:ドラリン
最序盤ではコスパが良いアイテムで、AP Champはまずこれとポーションを買ってスタートします。passiveにMana回復効果があり、これは2個積んだとしても重複しません。序盤のAP champはManaが非常に辛いので、first recallのときはこれをもう一個積んでlaneに戻るのが普通です。


item_morellonomicon
Morellonomicon、通称:鬼本
mage assassin関わらず多くのAP champでコアビルドとなっています。
安いのが評価点で、2300GでAP80とCDR20%もの火力を得ることができます。コスパ最強と言われてるのはそのためです。加えてMana回復量が2倍(Mana回復+100%)になるので、Mana問題がある程度解決します。
序盤のAP champに欲しい要素(安い、火力、Mana回復)が凝縮されていてバランスが良く、first itemとして積まれることが多いです。単純に火力が欲しく、他に積みたいアイテムも無いときはコレを積んでおけば大安定です。
ちなみにHP4割の相手に対して回復阻害のpassiveがあります。これによりswainやmundo等回復が厄介な敵が相手にいる場合にcounter itemとして機能します。
素材はFiendish Codexitem_fiendishcodexを優先的に積みます。AP30とCDR10%が820Gという安い値段で買えるためです。


item_rabadonsdeathcap
Rabadon's Deathcap、通称:帽子
ほぼ全てのAP champでコアビルドです。
AP120に加えAP1.3倍の効果。単純に火力を上げるアイテムとしては最高の効果を示してくれます。正直それだけなので解説することもないですね。火力の上昇は非常に高く、これも特に他に積みたいアイテムが無いのなら優先して完成させたいアイテムです。
注意点としては、first itemとしては効果は薄いことです。乗算でAPが上がるので、2,3番目以降に積むと効率良くAPを上げることができます。「初手帽子」は一般にNGとされているので止めておきましょう。


item_voidstaff
Void Staff、通称:ヴォイド
これもほぼ全てのAP champでコアビルドです。
マジペネ35%の効果が付きます。これによりMRを積んだtankyな敵にも対抗できるようになります。対面がMRのアイテムを積んでたり、MRを積んだ敵が増えてきたときに積みましょう。だいたいタイミング的には3,4番目が多いです。同じ火力系アイテムである帽子item_rabadonsdeathcapとの比較はよく研究されています。参考記事を張っておきます。
http://mnwaccelerator.blog.fc2.com/blog-entry-60.html


item_sorcerersshoes
Sorcerer's Shoes、通称:ソーサーラー靴、マジペネ靴
実値15のマジペネが付きます。普通、AP champはこの靴を積みます。
よく勘違いする人が多いですが、このアイテムは相手のMRが多いときよりも少ないとき、すなわち序盤に積んだほうが効果が高いです。ヴォイドitem_voidstaffは割合でMRを削る除算方式なので相手のMRが高い方が効果は高いのですが、ソーサーラー靴は実値でMRを削る減算方式なので、相手のMRが低い方が効果が高いです。
例を挙げます。相手のMRが50のときと150のときを比較します。

MR50 MR150
ソーサーラー靴 MR35、火力約1.11 MR135、火力約1.06
ヴォイド MR33、火力約1.12 MR98、火力約1.69

ソーサーラー靴は序盤ではヴォイドと同レベルのマジペネを得ることができます。が、相手のMRが上がると、15程度のマジペネでは効果が薄くなっていることが分かります。一方、ヴォイドでは相手のMRが高いときの方が効果が高いことも分かります。
以上から、ソーサーラー靴は早めに強化するのが有効です。特にkatarina TF等の、roamが得意なchampでは初手靴強化を好んで進めることがあります(単純にMSが増加しroamが速くなるため)


item_ludensecho
Luden's Echo、通称:エコー
これも火力目的としては優秀な選択肢です。移動やskill使用でチャージが溜まり、そのチャージを消費してAOEの追加魔法DMを与えます。
主な評価点としては、①追加魔法DMによって瞬間火力が高くなる②pokeが強化される③MS上昇値が高く、様々な場面で立ち回りやすくなる、この3つです。
よって①の理由からassassinやワンコンチャンプで好まれ、②の理由からLux Xerath Ziggs等のpokeが得意なchampで好まれます。
また、火力の効率から考えると、序盤のほうが効果を発揮しやすいアイテムです(序盤の追加の100魔法DMは痛い)。なので1,2番目に火力が欲しいときに積むことが多いアイテムです。
Mana回復やCDRがないので、このアイテムではskillを多くは撃てないです。これを積むときはその2つを補える青バフをjunglerにお願いして貰うようにすると良いです。他の時計item_zhonyashourglassやアビサルitem_abyssalscepter等も同様に青バフが欲しいです。


item_zhonyashourglass
Zhonya's Hourglass、通称:時計、砂時計、ゾーニャ
Armorが50も上昇し、Activeで一定時間無敵になることができます。この無敵効果は特に集団戦において強力で、様々な使い道があるので覚えておきたいです。
・敵陣のど真ん中に突っ込んでfoucsを受ける時に発動させ混乱させること。Lissandra TF等が得意で、敵の奥まで移動してから時計を発動することで敵のskillを無駄撃ちさせることができます。また、Fizz Diana等のAssassinなどの敵陣でfoucsを受けやすいchampとの相性も抜群です。
・skillの中には、時計を発動してる最中にも効果が続くskiiがあります。これを利用し、Fiddleで敵陣の中にult(+flash)で入り込み、時計を発動させることでその間ultの効果を与え続けることができるのは有名です。他にもKennen Morgana等がこの使い方をすることで有名です。
・どのchampもskillがCDの時間は、skillが撃てないため弱い時間となってます。特にskillを軸に戦うAP champでは顕著です。それを補うアイテムとして時計は有効です。CDの間は時計で無敵になることで戦闘から離脱し、解除されたときにはまたcoolになったskillを使って戦うことができます。
このような強力な使い道があるため、一部のchampではコアビルドになっています。
また、ZedやFizzのultのように、発動に少し時間がかかるskillに対してもcounter itemとして機能します。
Midでは対面がADだったときに積みます(Armorが上がるため)。素材のアームガードitem_seekersarmguardは実質的にAP40、AR45でコスパの良いアイテムなので、優先的に積むことも覚えておきましょう。


item_abyssalscepter
Abyssal Scepter、通称:アビサル
対面APが苦しいが、火力もちゃんと欲しいというときに、序盤に積むことが多いアイテムです。
まずMR50の、MRアイテムの一つです。このMRによってAPにある程度強くなれます。対面がワンコンを得意しているannie syndra 他assassin等だった場合、初手で積むことが多いです。また、lane戦にて対面に負けてしまったときは敵のAPが比較的強くなり、一瞬で溶かされる可能性があるため、差が付いた時点で初手で積むことが多いです。
また、AP70に加え近くの敵に対してAuraでマジペネ実値20の効果があります。これにより火力もちゃんと確保できるアイテムです。ただ、前述したとおり実値マジペネは序盤の方が効果が高く、終盤になると効果が低くなるため、序盤で積むのが良いアイテムということになります。
また、マジペネは敵に対して効果があるため、味方がAPで戦ってるなら貢献します。味方にAPが3体いるような場合は誰かが積むと良いです(重複してしまうので一人だけ)
Aura範囲でしか効果が発揮しないので、敵陣に突っ込むことができるtanky mageやassassinが積みます。


item_rylaiscrystalscepter
Rylai's Crystal Scepter、通称:クリセプ
AP100とHeath400上昇し、単純に硬くすることができます。mageの柔らかさをある程度補うことができます。
重要な点として、skillにスローが付くようになります。このスローは比較的重く、40%ものスローをかけることができます。スローをばらまくことで味方をサポートするという意味合いが強いです。よって多くの敵にスローをばらまくことができるtanky mage(Elise Amumu)やAOEが強力なmage(Karthus Brand等)との相性の良い武器です。
敵のfighterが強いor多い場合、これを積むことによってスローをかけて引きながら戦うこと(kite)によってクリセプを積んだmageが生き残りやすくなります。Health400上昇も相まって敵のfighterはmageを仕留めるのに苦労することになるでしょう。


item_liandrystorment
Liandry's Torment、通称:仮面、新仮面、上位仮面、
AP80とHealth300を得ることができ、クリセプitem_rylaiscrystalscepterと同様硬くなります。マジペネ実値15が付くので、積むなら序盤の方が効果が大きい武器です。
skillに「対象の現在HPの2%のダメージを0.5秒ごとに3秒間(6回)与える」という効果を与えます。割合でダメージが入るので、tankyな敵にも良いダメージが入るようになります。
また、移動阻害CC(stunやsnare、slowも)が付いている敵にはこのダメージが2倍になるという効果があります。移動阻害CCは、hard CCのstun等のskillと比べれば敵に当てやすいようなslowのskillでも良いです。
この武器はクリセプと一緒に積まれることが多い武器です。理由としては両者とも、①硬くすることができる、②tanky DPS=fighterに強くなれる、という目的面で一致していることおよび③クリセプのslowと新仮面の追加効果の相性が良い、ということが挙げられます。「クリセプ仮面」という積み方は一つの有名なビルドとなっています。
ちなみに素材のHaunting Guiseitem_hauntingguiseは旧仮面・下位仮面と呼ばれたりします。


item_rodofages
Rod of Ages、通称:RoA(ロア)
HealthとMana、APが増加し、さらに一分ごとにHealth・Mana・APが上昇するという効果が10分間(10回)付きます。これにより実質的にHealth500、Mana800、AP100という高い効果を得ることができます。
特に評価されてるのは高いHealth上昇量で、硬くする必要があったりsustainに優れたAP champ(Swain Chogasが積むことで高いHPを活かしやすくなります。
Mana上昇値もかなり高く、Manaが辛いchamp(Kassadin Anivia)やMana最大値を上げると強くなるRyzeなどと相性が良い武器です。passiveとしてレベルが上がるごとにHealthやManaが回復することもMana問題を楽にすることを助けてくれます。
かなり良い武器に見えると思いますが、最大の欠点としてはpower spikeが遅れてしまうことが挙げられます。この武器を完成させてから最大効果を得られるまで10分もかかるため、積んですぐの時点ではあまり強くない武器なのです。中盤でこの武器を積んでもすぐに役立たないため、この武器を積むなら初手に限定されます。
相性の良いchampは限られている武器なので、自分の使うAP champと相性が良いかは調べておきたいところです。


item_lichbane
Lich Bane、通称:リッチベーン
AP itemの中では少し特殊で、skill使用後の通常攻撃に追加魔法DMを付けるという効果を持ちます。skillを打ちながら通常攻撃も入れていくスタイルのchamp(TF Fizz Kayle等)と相性が良い武器ということになります。MS5%上昇という効果も付くので、通常攻撃を入れていく立ち回りがしやすくなるという利点もあります。
通常攻撃込みのこの武器の火力は高く、それがこの武器の評価点です。


item_athenesunholygrail
Athene's Unholy Grail、通称:聖杯、赤聖杯、血灰
AP60、MR25、Mana回復+100%、CDR20%など、序盤のmageに欲しい要素が詰まった武器です。前まではmidのmage対mageはまず聖杯をお互いに積むことから始める時期もあったそうです。
現在での主な評価点は、passiveのMana回復です。kill/assistをするとManaが30%回復したり、5秒ごとに失ってるManaの2%を回復するという効果が付いてます。これによりManaは相当楽になり、他にManaアイテムを積む必要が無いくらいです。Manaが辛いがskillは打ち続けたいchamp(Orianna Lux Syndra等)と相性が良い武器といえます。
似た性質の武器としては鬼本item_morellonomiconが挙げられます。聖杯は若干中途半端な性能であり、基本的には鬼本の方が火力は高く値段も安く優秀です。聖杯を積むことができるのは①Manaが本当に辛いchampであること、②対面がAPであること(MRが活かすため)、の2つの条件を満たしているときに限られます。また、Manaが有り余るだけなので鬼本と聖杯を同時に積むことはありません。


item_archangelsstaff
Archangel's Staff、通称:涙杖
Mana最大値が増加し、Mana回復も付きます。Manaが辛いchampというのが必要条件。skillを撃つたびにManaが8増加するという効果があります。最大Manaの3%のAPを追加で得られるpassiveを持つので、どんどんManaを貯めていきたいです。よって主要skillのCDが短く、skillを打ち続けられるchampであることも必要条件となります。
Mana増加は最大で750増加し、そうなると自動的にSeraph's Embrace(セラフ)item_seraphsembraceに強化されます。セラフになるとActiveで現在Manaの2割+150分のシールドを付けられるという効果を持つようになります。時には敵陣に突っ込んだりするchamp(karthus ryze等)、柔らかいchamp(ezreal等)と相性が良いと言えるでしょう。必要条件が多いため積むことができるchampは限られていますが、シールドは強力でAP上昇量も高く完成すれば性能は良いアイテムなので、相性の良いchampには積極的に積ませていきたいアイテムです。Mana対策として聖杯item_athenesunholygrailと比較されるかもしれません。聖杯はCDRが付くのでCDが長いchampと相性が良く、涙杖はたくさんskillを撃たなくてはならないのでCDが短いchampと相性が良いです。例えばCDが短くないoriannaは聖杯がコアビルドであり、CDの短いkarthusは涙杖がコアビルドです。
また、skillを撃つたびにManaが増加する効果は素材の涙item_tearofthegoddessにも存在します。涙で貯めたManaは涙杖に強化したときも引き継がれます。涙杖はセラフに完成させるまでに時間がかかるのが欠点なのですが、素材の涙だけ積んでおき、先に他のアイテムを完成させてから涙杖に強化することも可能となるわけです。


item_mejaissoulstealer
Mejai's Soulstealer、通称:メジャイ
先に申し上げておくと、これは特に初心者にはオススメできないアイテムです。ただ、話題に上ることがあるので紹介しておこうと思います。「キル時2スタック、アシスト時1スタックを得て、死亡時に半分(切捨て)のスタックを失う、購入した時点で5スタック貯まっており、1スタックにつき+8 Ability Powerを得る」という効果です(wikiのコピペ)。killをガンガン稼げて尚且つ死なないという自信家に相性の良いアイテムかもしれません。
唯一、Luxではコアビルドと言ってよいほど積まれているアイテムです。Luxは最後衛でskillを打ち続けるchampなのであまり死ぬことがないことが理由です。同じ理由でZiggs、Xerathなどに積まれているのもたまに見ます。


ナッシャーガンブレWill of the Ancientsなどの積むchampが限定されてるものは載せていません。
以上で解説は終わりです。それでは練習問題!


<練習問題>
①AhriはManaがそこまで辛くないassassin風mageである。Ahriで初手やセカンドアイテムとして積まれるアイテムで多いものは何か。
②Xerathで次の中で一番積まれていないアイテムはどれか A.クリセプ B.時計 C.聖杯 D.エコー
③Cassiopeiaは序盤はManaが辛い。Cassiopeiaのコアビルドを一つ答えよ。
④Rumbleはtanky DPS=fighterが来ることの多いtopでよく見られるtanky mageである。Rumbleのコアビルドを2つ答えよ。
⑤Leblanc vs Veigarにおいて対veigarのitemを積みたい。本記事で紹介した中では何を積むべきか。








回答
①鬼本、またはエコー
Manaが辛くないので聖杯・涙杖は選択肢になりにくいです。序盤でもAssassinで単純に火力が欲しいので、鬼本やエコーを積むのが主流です。エコーはAssassinに必要な瞬間火力を助けてくれます。
②B.時計
クリセプはAOEでDPSを出すのが得意なため、聖杯はManaが辛いchampかつCDが短くないため、エコーは得意のpokeの火力を高めるため、それぞれ相性の良い武器です。集団戦でも最後衛で火力を出せば良く、foucsを受ける立ち回りが少ないので、時計はあまり積まれていません。
③涙杖
Manaが辛く、CDが短いchampなので涙杖を積む条件を満たしています。相性の良いchampなら涙杖は積極的に積むのが良いです。
④仮面・砂時計
硬くしたい、敵fighterに強くしたい、この二つの要望を満たすのが仮面です。当てやすいEのslowに加えskill全般の低いCDは、仮面の追加効果と相性が良いです。
また、topに来るAD相手に積むAP itemとして砂時計は有力候補です。集団戦が強みであるRumbleは、集団戦において比較的前線に立ち敵のfoucsを受けやすいため、時計があれば大分楽になります。また、Qを押してから時計を使ってもQは出続けるという現象があります。以上から、仮面・砂時計は両者とも相性が良いアイテムと言えるでしょう。
⑤アビサル
Veigarのワンコンに抗うためにもMRは欲しいです。また、Leblancはskillを撃つとき比較的敵に近づくので、アビサルとの相性も良い方です。


以上。

↑このページのトップヘ