ブロンゴブログ

LoL(League of Legends=リーグ・オブ・レジェンド)の考察ブログ。jungleとmidがメインです。

2015年12月

junglerの長所は色々あるとは思いますが、中でも以下の5つは重要です。

1.clearが速い
装備差レベル差を付ける:clearが速ければそれだけ早く装備・レベルを整えられ、育つことができます。CSが高くなる、と言えば分かりやすいでしょうか。また、転んでも中立を狩れば持ち直すこともできます。
敵森のsteel:敵の森に侵入し中立を奪うことで、敵junglerを腐らせたりすることができます。
devourerを積む:完成するまで何体も中立を狩らなければいけませんが、完成すれば強力なアイテムです。中には装備が揃うまで自分の森にこもって、完成してから顔を出すyiのようなchampもいます。
例 mundo yi shyvana
補い方→武器を積む、特にhydra等

2.機動力が高い
小規模戦への寄り:例えばbotの混戦にすばやく駆けつけられれば、混戦の勝敗に大きく影響するでしょう。寄りの速いjunglerはそれだけで優秀です。
敵の撹乱:敵jungleに進入することで敵lanerに寄らせてから逃げることで、味方lanerがそれだけ有利になります。また、敵を混乱させることもできます。
例 nidalee leesin reksai
補い方→5靴を積む

3.序盤gankが強い
snowball laneを作り、試合を壊す:本項目はこれだけですが、非常に重要な要素です。序盤のgankが成功すれば味方が育ってsnow ballしやすく、それだけで試合を壊すことも可能です。
例 leesin vi evelyn
補い方→こればかりは特になし。

4.initiateが優秀
孤立した敵を捕まえる:jungleでは敵も孤立しやすいです。initiateが優秀ならば、それを捕まえてkillすることが可能です。
中盤のgank:laneにいるchampに対してgankすることにより、有利を得やすいです。
例 zac warwick noc
補い方→青スマイト、dead man's plate、gloryなど

5.1対1が強い
counter jungle:序盤で敵のjungleに向かいstealとkillを狙います。
bait:孤立している敵を待ち伏せしてkillすることで有利を得ます。
例:elise xin shaco
補い方→赤スマイト、王剣など

その他にも
小規模戦・集団戦で活躍する(fiddle poppy)、視界情報が得やすい(reksai lee)、 サステインにより安全なjunglingができる(warwick kindred)、split pushができる(rek yi)などの特徴を持ったchampが存在します。自分のchampがどんな長所を持つか知っておくと、立ち回りに還元しやすいでしょう。

長所の多さに関しては、reksaiとleesinの長所が多すぎです。最近書く記事が全部こいつらの記事ばっかりになってしまう^^; 

あるレーンを本格的に取り組みたいときは、固定して特定のchampを使い続けることになるでしょう。そのような人(この記事では便宜上入門者と呼びます)のchampの選択が助けられるように、入門者向けのchampを挙げました。本記事では特に以下の3つの要素を重視して書きます。

・習得技術
そのchampを使えば、汎用的な立ち回り・技術を学べるような要素です。例えばreksaiはjunglerがやりたいことを全て行える万能junglerであり、その多種な立ち回り・技術を学ぶことができます。これからあるレーンを本格的に始めようとしている入門者にとっては重要な要素なのではないでしょうか。

・将来性
高レートになったとき、teamで活動することになったとき、それらの環境でも継続して使い続けられるchampは魅力的でしょう。また、多少のbuff nerf・環境の変化でも強さを維持しているのが予想されるchampの方が安心して使い続けられるはずです。基礎値が高くてOP、みたいなchampはnerfで簡単に転んでしまい将来性が薄いです。しかし、使われ方がriotの望んだコンセプトと一致していてかつそのコンセプトが強いようなchampならばnerfも受けづらくかつnerfの影響が比較的小さいです。
どうせ練習するなら、ずっと自分のpoolとしてストックできるchampが良いですね。これも入門者にとっては重要な要素でしょう。

・簡単さ
操作・立ち回りの簡単さの度合いです。championを扱うのが簡単であれば入門者も導入しやすいでしょう。「初心者向けオススメchamp一覧」のようなサイトを見ると、大抵これが重視されています。ただ、これを重視するかしないかは入門者により分かれるでしょう。本当にあるレーンについて真面目に取り組むつもりなら、操作難度の高さはむしろ克服すれば問題ないと考えるでしょう。そのような方にはこの要素はあまり重要ではないはず。逆に、そのレーンの経験が少なく、もし行かざるを得ないような時に備えて練習だけしておきたい、という目的の方にとっては難易度の低さは重要でしょう。


◯top

shen
習得技術★★★
将来性★★★★★
簡単さ★★★★★
擬似TPであるultにより、topでは重要なTPの使い方を最も習得できるchampです。TP利用のためのマップ把握、split pushへの応用など、習得できることは多いです。
pro、team rankではtopの定石pickであり将来性は非常に高いです。nerfも受けづらいコンセプトです。
また、操作技術・立ち回りが驚くほど簡単です。操作はせいぜいEの方向指定くらいしか間違える要素がないです。逆に言えばあまり操作面での向上が見られないのが欠点かもしれません。

fiora
習得技術★★★★
将来性★★★★
簡単さ★★
topの命題の一つである、1v1でのテクニカルな戦い方を追求することができます。難しいchampではありますが、その分得られるものも多いです。アグレッシブなtop lanerの中では最も将来性があると睨んでます。

malphite
習得技術★★
将来性★★★★
簡単さ★★★★
initateに優れてるのでその判断は磨けると思います。ただ、他に習得できる技術が薄いかもしれないです。proでもよく使われている強さで、将来性は十分です。また、tank metaが予想されるs6においては上位pickとなる可能性を持ってます。

他のchampについて
nasus・garen……非常に簡単ですが、習得技術・将来性に薄いです。
renekton・irelia……比較的簡単で、習得技術も将来性も悪くはありません。結構オススメできる方です。


◯jungle

reksai
習得技術★★★★★
将来性★★★★★
簡単さ★★★
視界情報の取得、イニシエート、stealやcounter jungle、blink、split pushなど、junglerとしてやりたいことほぼ全てが可能なchampionです。万能なjunglerであり、得られる習得技術はとても豊富です。上位やproでもjungleの定石pickであり、将来性も非常に高いです。はじめは特有の視界の取り方に慣れるのに時間がかかりますが、それさえ乗り越えれば特に難しい要素もありません。本格的に始めるjunglerとしては一番オススメできるchampです。

lee sin
習得技術★★★★
将来性★★★★★
簡単さ★
全champの中で最も使用されているchampです。できることが多く、中でも序盤gankとcounter jungle、insecに秀でていて、アグレッシブなjunglerとしての立ち回りを習得しやすいです。proでも根強い人気が継続しており、彼が扱えればjunglerとしてずっと戦い続けられるほどに非常に高い将来性を持ってます。操作難易度が高いので、練習が必要です。

J4
習得技術★★★★
将来性★★★★
簡単さ★★★★
reksaiやlee sinと同様、junglerがしたいことの多くをできるchampです。彼の特に良いところは操作難易度が比較的簡単なことです。reksaiやlee sinのように慣れるまで時間がかかるような要素もなく、導入がしやすいです。

他のchampについて
elise……若干操作が難しいですが、習得技術も将来性も良い方です。
warwick・yi……非常に簡単ですが、習得技術・将来性に薄いです。
mundo……習得技術に薄いですが、簡単ですし、tanky junglerがmetaとなりうるs6では将来性があるかもしれません。ただ、nerfに左右されやすい性質なのが心配です。


◯mid

ahri
習得技術★★★★★
将来性★★★★★
簡単さ★★★
前に記事も書いた通りです。http://brongo.blog.jp/archives/41342947.html
万能なmidであり、今でもmidの入門には最適のchampだと思います。

leblanc
習得技術★★★★★
将来性★★★★
簡単さ★
mageの対面をkillして腐らせたり、集団でバーストを出し切ったあとに逃げ切ることなど、assassinでの技術を磨くのに適したchampです。上位層でもproでも人気が高いchampで、将来性は非常に高いですが、tank metaが継続した場合はmetaに合わないchampになる可能性はあります。操作難易度は高めですが、assassinの中では最もオススメできます。

TF
習得技術★★
将来性★★★★★
簡単さ★★★
midとしての習得技術は少ない方です。一応CSの追求とAAの絡んだmageの立ち回りなどは習得できます。特に良いところは圧倒的な将来性です。proや上位層では定石pickであり常に高い人気を継続させている上、nerfを受けても響きにくい性質の強さです。彼を使えれば無難にmidととして戦い続けられます。

他のchampについて
annie・swain……操作面で簡単ですが、習得技術、将来性に薄いです。特にannieは特殊な立ち回りが多いので、オススメできないです。
diana・kassadin……硬いために意外に簡単なassassinです。逆に言えばassassinとして必要なバーストを出した後にテクニカルに逃げることは習得し辛いです。
brand・anivia……DOTダメージmageのmetaがこのまま継続すれば将来性があります。
yasuo・zed……ad assassinのmetaが継続すれば将来性があります。


◯adc

あまり詳しくないため、個人的なオススメのみ

sivir・tristana……簡単でかつ無難なpickであり将来性が高いです。
lucian……スキルを回すadcの中で最も将来性が高いです。
kalista・vayne……ともにテクニカルなchampです。難しいですが、proやteam rankでは定石pickです。


◯support

janna
習得技術★★★
将来性★★★★
簡単さ★★★★
味方を守るsupportとしてはCC、シールド、ヒールで最もできることが多く、習得技術が多いです。proが好んで使っており、シールドsupport metaが続けば将来性は高いです。また、基本的に味方carryを見ればいいので操作難易度は低めです。

thresh
習得技術★★★★★
将来性★★★★★
簡単さ★
initate、disengage、味方守り、tankなど、supportとしてしたいことの多くが可能な万能なsupportです。上位層、proでも常にsupportで一番高い人気があり、将来性が非常に高いです。状況判断の把握が求められたり、操作も簡単ではなく練習が必要ですが、その分得られるものも大きいです。

その他
soraka・braum……adcを守るsupportとしては習得できることは多いです。将来性も悪くないです。
blitz……簡単で、initateの判断を磨けます。上位層ではあまり使われず将来性は薄いです。
lux・brand・sonaなど……初心者はpoke系supportが大好きですが、supportの本当の仕事ではありません。一部将来性があるchampもいますが、あまりオススメはしません。

↑このページのトップヘ