ブロンゴブログ

LoL(League of Legends=リーグ・オブ・レジェンド)の考察ブログ。jungleとmidがメインです。

2015年09月

ブロンゴからシルンゴに上がったンゴwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
でもブログ名はそのままです

1.gold差の評価
2000G差で勝っている、というときどんな評価をするでしょうか。「時間帯・互いのgoldの絶対値に依る」という解答になるでしょう。序盤ならかなり大きな差ですし、終盤なら互角程度の評価となるでしょう。もしどの状況にも応用できる、数値的な評価を行いたいなら、「何倍か」という評価方法を採用すべきです。 例えば22kGと20kGだったら1.1倍の有利、52kGと50kGだったら1.04倍程度のの有利(ほぼ互角)ということになります。 2kGという同じgold差でも状況によってその評価は変わるということです。便宜のため、この「何倍か」という値を「実質gold差」と名付けておきます。

2.試合が普通に進めば実質gold差は小さくなる
先ほどの例が示すように、序盤では大きなgold差であっても終盤では小さなgold差となります。これは双方が同程度goldを稼いだ結果です。特に何事も起きず、時間がどんどん進んで双方が平等にgoldを稼げた場合は、実質gold差は縮まっていきます。集団戦の結果、2:2交換等の同数交換となった場合も同様です。双方にほぼ平等の収益が入ることになるので実質gold差は縮まっていきます。
有利に甘んじて何もしなければ実質gold差はどんどん少なくなり、いつの間にか互角になっているのです。よって負けている側としてはとにかく試合を遅延させるようにしfarmに徹する、というのも有効な選択肢です。

3.有利は広げなければ意味が無い
有利な状況であるチームが何もしなければその有利はいずれ互角となります。つまり序盤の有利はそれを活かして有利を広げなければ意味がないことになります。レーン戦で勝てたのなら他レーンにgankして他レーンを勝たせる、視界差を作ってkillを作る、オブジェクトへの動きを活発にするなど、その有利を広げていくのが良いです。
 

初心者向けのAP itemの解説となっております。「ビルドは考えて積め」と言われても、そもそも初心者には考える材料がありません。itemの利点やどのような場面で積むのかを知ることで、自分で考えてアイテムを積んでいくことができるようになります。


item_doransring
Doran's Ring、通称:ドラリン
最序盤ではコスパが良いアイテムで、AP Champはまずこれとポーションを買ってスタートします。passiveにMana回復効果があり、これは2個積んだとしても重複しません。序盤のAP champはManaが非常に辛いので、first recallのときはこれをもう一個積んでlaneに戻るのが普通です。


item_morellonomicon
Morellonomicon、通称:鬼本
mage assassin関わらず多くのAP champでコアビルドとなっています。
安いのが評価点で、2300GでAP80とCDR20%もの火力を得ることができます。コスパ最強と言われてるのはそのためです。加えてMana回復量が2倍(Mana回復+100%)になるので、Mana問題がある程度解決します。
序盤のAP champに欲しい要素(安い、火力、Mana回復)が凝縮されていてバランスが良く、first itemとして積まれることが多いです。単純に火力が欲しく、他に積みたいアイテムも無いときはコレを積んでおけば大安定です。
ちなみにHP4割の相手に対して回復阻害のpassiveがあります。これによりswainやmundo等回復が厄介な敵が相手にいる場合にcounter itemとして機能します。
素材はFiendish Codexitem_fiendishcodexを優先的に積みます。AP30とCDR10%が820Gという安い値段で買えるためです。


item_rabadonsdeathcap
Rabadon's Deathcap、通称:帽子
ほぼ全てのAP champでコアビルドです。
AP120に加えAP1.3倍の効果。単純に火力を上げるアイテムとしては最高の効果を示してくれます。正直それだけなので解説することもないですね。火力の上昇は非常に高く、これも特に他に積みたいアイテムが無いのなら優先して完成させたいアイテムです。
注意点としては、first itemとしては効果は薄いことです。乗算でAPが上がるので、2,3番目以降に積むと効率良くAPを上げることができます。「初手帽子」は一般にNGとされているので止めておきましょう。


item_voidstaff
Void Staff、通称:ヴォイド
これもほぼ全てのAP champでコアビルドです。
マジペネ35%の効果が付きます。これによりMRを積んだtankyな敵にも対抗できるようになります。対面がMRのアイテムを積んでたり、MRを積んだ敵が増えてきたときに積みましょう。だいたいタイミング的には3,4番目が多いです。同じ火力系アイテムである帽子item_rabadonsdeathcapとの比較はよく研究されています。参考記事を張っておきます。
http://mnwaccelerator.blog.fc2.com/blog-entry-60.html


item_sorcerersshoes
Sorcerer's Shoes、通称:ソーサーラー靴、マジペネ靴
実値15のマジペネが付きます。普通、AP champはこの靴を積みます。
よく勘違いする人が多いですが、このアイテムは相手のMRが多いときよりも少ないとき、すなわち序盤に積んだほうが効果が高いです。ヴォイドitem_voidstaffは割合でMRを削る除算方式なので相手のMRが高い方が効果は高いのですが、ソーサーラー靴は実値でMRを削る減算方式なので、相手のMRが低い方が効果が高いです。
例を挙げます。相手のMRが50のときと150のときを比較します。

MR50 MR150
ソーサーラー靴 MR35、火力約1.11 MR135、火力約1.06
ヴォイド MR33、火力約1.12 MR98、火力約1.69

ソーサーラー靴は序盤ではヴォイドと同レベルのマジペネを得ることができます。が、相手のMRが上がると、15程度のマジペネでは効果が薄くなっていることが分かります。一方、ヴォイドでは相手のMRが高いときの方が効果が高いことも分かります。
以上から、ソーサーラー靴は早めに強化するのが有効です。特にkatarina TF等の、roamが得意なchampでは初手靴強化を好んで進めることがあります(単純にMSが増加しroamが速くなるため)


item_ludensecho
Luden's Echo、通称:エコー
これも火力目的としては優秀な選択肢です。移動やskill使用でチャージが溜まり、そのチャージを消費してAOEの追加魔法DMを与えます。
主な評価点としては、①追加魔法DMによって瞬間火力が高くなる②pokeが強化される③MS上昇値が高く、様々な場面で立ち回りやすくなる、この3つです。
よって①の理由からassassinやワンコンチャンプで好まれ、②の理由からLux Xerath Ziggs等のpokeが得意なchampで好まれます。
また、火力の効率から考えると、序盤のほうが効果を発揮しやすいアイテムです(序盤の追加の100魔法DMは痛い)。なので1,2番目に火力が欲しいときに積むことが多いアイテムです。
Mana回復やCDRがないので、このアイテムではskillを多くは撃てないです。これを積むときはその2つを補える青バフをjunglerにお願いして貰うようにすると良いです。他の時計item_zhonyashourglassやアビサルitem_abyssalscepter等も同様に青バフが欲しいです。


item_zhonyashourglass
Zhonya's Hourglass、通称:時計、砂時計、ゾーニャ
Armorが50も上昇し、Activeで一定時間無敵になることができます。この無敵効果は特に集団戦において強力で、様々な使い道があるので覚えておきたいです。
・敵陣のど真ん中に突っ込んでfoucsを受ける時に発動させ混乱させること。Lissandra TF等が得意で、敵の奥まで移動してから時計を発動することで敵のskillを無駄撃ちさせることができます。また、Fizz Diana等のAssassinなどの敵陣でfoucsを受けやすいchampとの相性も抜群です。
・skillの中には、時計を発動してる最中にも効果が続くskiiがあります。これを利用し、Fiddleで敵陣の中にult(+flash)で入り込み、時計を発動させることでその間ultの効果を与え続けることができるのは有名です。他にもKennen Morgana等がこの使い方をすることで有名です。
・どのchampもskillがCDの時間は、skillが撃てないため弱い時間となってます。特にskillを軸に戦うAP champでは顕著です。それを補うアイテムとして時計は有効です。CDの間は時計で無敵になることで戦闘から離脱し、解除されたときにはまたcoolになったskillを使って戦うことができます。
このような強力な使い道があるため、一部のchampではコアビルドになっています。
また、ZedやFizzのultのように、発動に少し時間がかかるskillに対してもcounter itemとして機能します。
Midでは対面がADだったときに積みます(Armorが上がるため)。素材のアームガードitem_seekersarmguardは実質的にAP40、AR45でコスパの良いアイテムなので、優先的に積むことも覚えておきましょう。


item_abyssalscepter
Abyssal Scepter、通称:アビサル
対面APが苦しいが、火力もちゃんと欲しいというときに、序盤に積むことが多いアイテムです。
まずMR50の、MRアイテムの一つです。このMRによってAPにある程度強くなれます。対面がワンコンを得意しているannie syndra 他assassin等だった場合、初手で積むことが多いです。また、lane戦にて対面に負けてしまったときは敵のAPが比較的強くなり、一瞬で溶かされる可能性があるため、差が付いた時点で初手で積むことが多いです。
また、AP70に加え近くの敵に対してAuraでマジペネ実値20の効果があります。これにより火力もちゃんと確保できるアイテムです。ただ、前述したとおり実値マジペネは序盤の方が効果が高く、終盤になると効果が低くなるため、序盤で積むのが良いアイテムということになります。
また、マジペネは敵に対して効果があるため、味方がAPで戦ってるなら貢献します。味方にAPが3体いるような場合は誰かが積むと良いです(重複してしまうので一人だけ)
Aura範囲でしか効果が発揮しないので、敵陣に突っ込むことができるtanky mageやassassinが積みます。


item_rylaiscrystalscepter
Rylai's Crystal Scepter、通称:クリセプ
AP100とHeath400上昇し、単純に硬くすることができます。mageの柔らかさをある程度補うことができます。
重要な点として、skillにスローが付くようになります。このスローは比較的重く、40%ものスローをかけることができます。スローをばらまくことで味方をサポートするという意味合いが強いです。よって多くの敵にスローをばらまくことができるtanky mage(Elise Amumu)やAOEが強力なmage(Karthus Brand等)との相性の良い武器です。
敵のfighterが強いor多い場合、これを積むことによってスローをかけて引きながら戦うこと(kite)によってクリセプを積んだmageが生き残りやすくなります。Health400上昇も相まって敵のfighterはmageを仕留めるのに苦労することになるでしょう。


item_liandrystorment
Liandry's Torment、通称:仮面、新仮面、上位仮面、
AP80とHealth300を得ることができ、クリセプitem_rylaiscrystalscepterと同様硬くなります。マジペネ実値15が付くので、積むなら序盤の方が効果が大きい武器です。
skillに「対象の現在HPの2%のダメージを0.5秒ごとに3秒間(6回)与える」という効果を与えます。割合でダメージが入るので、tankyな敵にも良いダメージが入るようになります。
また、移動阻害CC(stunやsnare、slowも)が付いている敵にはこのダメージが2倍になるという効果があります。移動阻害CCは、hard CCのstun等のskillと比べれば敵に当てやすいようなslowのskillでも良いです。
この武器はクリセプと一緒に積まれることが多い武器です。理由としては両者とも、①硬くすることができる、②tanky DPS=fighterに強くなれる、という目的面で一致していることおよび③クリセプのslowと新仮面の追加効果の相性が良い、ということが挙げられます。「クリセプ仮面」という積み方は一つの有名なビルドとなっています。
ちなみに素材のHaunting Guiseitem_hauntingguiseは旧仮面・下位仮面と呼ばれたりします。


item_rodofages
Rod of Ages、通称:RoA(ロア)
HealthとMana、APが増加し、さらに一分ごとにHealth・Mana・APが上昇するという効果が10分間(10回)付きます。これにより実質的にHealth500、Mana800、AP100という高い効果を得ることができます。
特に評価されてるのは高いHealth上昇量で、硬くする必要があったりsustainに優れたAP champ(Swain Chogasが積むことで高いHPを活かしやすくなります。
Mana上昇値もかなり高く、Manaが辛いchamp(Kassadin Anivia)やMana最大値を上げると強くなるRyzeなどと相性が良い武器です。passiveとしてレベルが上がるごとにHealthやManaが回復することもMana問題を楽にすることを助けてくれます。
かなり良い武器に見えると思いますが、最大の欠点としてはpower spikeが遅れてしまうことが挙げられます。この武器を完成させてから最大効果を得られるまで10分もかかるため、積んですぐの時点ではあまり強くない武器なのです。中盤でこの武器を積んでもすぐに役立たないため、この武器を積むなら初手に限定されます。
相性の良いchampは限られている武器なので、自分の使うAP champと相性が良いかは調べておきたいところです。


item_lichbane
Lich Bane、通称:リッチベーン
AP itemの中では少し特殊で、skill使用後の通常攻撃に追加魔法DMを付けるという効果を持ちます。skillを打ちながら通常攻撃も入れていくスタイルのchamp(TF Fizz Kayle等)と相性が良い武器ということになります。MS5%上昇という効果も付くので、通常攻撃を入れていく立ち回りがしやすくなるという利点もあります。
通常攻撃込みのこの武器の火力は高く、それがこの武器の評価点です。


item_athenesunholygrail
Athene's Unholy Grail、通称:聖杯、赤聖杯、血灰
AP60、MR25、Mana回復+100%、CDR20%など、序盤のmageに欲しい要素が詰まった武器です。前まではmidのmage対mageはまず聖杯をお互いに積むことから始める時期もあったそうです。
現在での主な評価点は、passiveのMana回復です。kill/assistをするとManaが30%回復したり、5秒ごとに失ってるManaの2%を回復するという効果が付いてます。これによりManaは相当楽になり、他にManaアイテムを積む必要が無いくらいです。Manaが辛いがskillは打ち続けたいchamp(Orianna Lux Syndra等)と相性が良い武器といえます。
似た性質の武器としては鬼本item_morellonomiconが挙げられます。聖杯は若干中途半端な性能であり、基本的には鬼本の方が火力は高く値段も安く優秀です。聖杯を積むことができるのは①Manaが本当に辛いchampであること、②対面がAPであること(MRが活かすため)、の2つの条件を満たしているときに限られます。また、Manaが有り余るだけなので鬼本と聖杯を同時に積むことはありません。


item_archangelsstaff
Archangel's Staff、通称:涙杖
Mana最大値が増加し、Mana回復も付きます。Manaが辛いchampというのが必要条件。skillを撃つたびにManaが8増加するという効果があります。最大Manaの3%のAPを追加で得られるpassiveを持つので、どんどんManaを貯めていきたいです。よって主要skillのCDが短く、skillを打ち続けられるchampであることも必要条件となります。
Mana増加は最大で750増加し、そうなると自動的にSeraph's Embrace(セラフ)item_seraphsembraceに強化されます。セラフになるとActiveで現在Manaの2割+150分のシールドを付けられるという効果を持つようになります。時には敵陣に突っ込んだりするchamp(karthus ryze等)、柔らかいchamp(ezreal等)と相性が良いと言えるでしょう。必要条件が多いため積むことができるchampは限られていますが、シールドは強力でAP上昇量も高く完成すれば性能は良いアイテムなので、相性の良いchampには積極的に積ませていきたいアイテムです。Mana対策として聖杯item_athenesunholygrailと比較されるかもしれません。聖杯はCDRが付くのでCDが長いchampと相性が良く、涙杖はたくさんskillを撃たなくてはならないのでCDが短いchampと相性が良いです。例えばCDが短くないoriannaは聖杯がコアビルドであり、CDの短いkarthusは涙杖がコアビルドです。
また、skillを撃つたびにManaが増加する効果は素材の涙item_tearofthegoddessにも存在します。涙で貯めたManaは涙杖に強化したときも引き継がれます。涙杖はセラフに完成させるまでに時間がかかるのが欠点なのですが、素材の涙だけ積んでおき、先に他のアイテムを完成させてから涙杖に強化することも可能となるわけです。


item_mejaissoulstealer
Mejai's Soulstealer、通称:メジャイ
先に申し上げておくと、これは特に初心者にはオススメできないアイテムです。ただ、話題に上ることがあるので紹介しておこうと思います。「キル時2スタック、アシスト時1スタックを得て、死亡時に半分(切捨て)のスタックを失う、購入した時点で5スタック貯まっており、1スタックにつき+8 Ability Powerを得る」という効果です(wikiのコピペ)。killをガンガン稼げて尚且つ死なないという自信家に相性の良いアイテムかもしれません。
唯一、Luxではコアビルドと言ってよいほど積まれているアイテムです。Luxは最後衛でskillを打ち続けるchampなのであまり死ぬことがないことが理由です。同じ理由でZiggs、Xerathなどに積まれているのもたまに見ます。


ナッシャーガンブレWill of the Ancientsなどの積むchampが限定されてるものは載せていません。
以上で解説は終わりです。それでは練習問題!


<練習問題>
①AhriはManaがそこまで辛くないassassin風mageである。Ahriで初手やセカンドアイテムとして積まれるアイテムで多いものは何か。
②Xerathで次の中で一番積まれていないアイテムはどれか A.クリセプ B.時計 C.聖杯 D.エコー
③Cassiopeiaは序盤はManaが辛い。Cassiopeiaのコアビルドを一つ答えよ。
④Rumbleはtanky DPS=fighterが来ることの多いtopでよく見られるtanky mageである。Rumbleのコアビルドを2つ答えよ。
⑤Leblanc vs Veigarにおいて対veigarのitemを積みたい。本記事で紹介した中では何を積むべきか。








回答
①鬼本、またはエコー
Manaが辛くないので聖杯・涙杖は選択肢になりにくいです。序盤でもAssassinで単純に火力が欲しいので、鬼本やエコーを積むのが主流です。エコーはAssassinに必要な瞬間火力を助けてくれます。
②B.時計
クリセプはAOEでDPSを出すのが得意なため、聖杯はManaが辛いchampかつCDが短くないため、エコーは得意のpokeの火力を高めるため、それぞれ相性の良い武器です。集団戦でも最後衛で火力を出せば良く、foucsを受ける立ち回りが少ないので、時計はあまり積まれていません。
③涙杖
Manaが辛く、CDが短いchampなので涙杖を積む条件を満たしています。相性の良いchampなら涙杖は積極的に積むのが良いです。
④仮面・砂時計
硬くしたい、敵fighterに強くしたい、この二つの要望を満たすのが仮面です。当てやすいEのslowに加えskill全般の低いCDは、仮面の追加効果と相性が良いです。
また、topに来るAD相手に積むAP itemとして砂時計は有力候補です。集団戦が強みであるRumbleは、集団戦において比較的前線に立ち敵のfoucsを受けやすいため、時計があれば大分楽になります。また、Qを押してから時計を使ってもQは出続けるという現象があります。以上から、仮面・砂時計は両者とも相性が良いアイテムと言えるでしょう。
⑤アビサル
Veigarのワンコンに抗うためにもMRは欲しいです。また、Leblancはskillを撃つとき比較的敵に近づくので、アビサルとの相性も良い方です。


以上。

火力
火力の種類って上のような感じだと思ってます。

1.瞬間火力と持続的火力の関係
瞬間火力は持続的火力に一時的に強くなれるという特徴があります。
火力2
瞬間火力系は短時間で一気に火力を出し、以降は緩やかに火力を出し続けます。一方、持続的火力系は一定の火力を出し続けることに優れています。瞬間火力系は持続的火力系に短時間では有利になることが分かります。ただ、ある一定の時間を超えると持続的火力がひたすら出し続ける合計火力に負けてしまい、瞬間火力系が不利になります。

一般にadc対mageはmageが有利だと言われています(例えばjinxとannieがよーいドンで殴りあった場合、勝つのは瞬間火力で相手を溶かしきれるannieの方だというのは分かるでしょう)。mageは瞬間火力系が有利な時間を有効に使い、この時間に決着すれば、持続的火力系に逆転される心配がなくなります。逆に、瞬間火力系が有利な時間(skillがcoolである)を乗り切れば、あとは持続的火力系が安定した火力を出し続けられるので持続的火力系が有利な時間になるということです。集団戦ではadcが生き残ってる方が勝つと言われているのはそのためです。まとめれば瞬間火力に求められているのは短期決着であり、持続的火力に求められているのは死なずに火力を出し続けることです。

瞬間火力は一時的に強くなるので、そのタイミングが重要になります。たとえば敵adcが孤立しているときは絶好のタイミングと言えます。あるいは味方で集まりbaitをして、ノコノコ歩いてきた敵を瞬間火力で溶かしきることも有効であることも知っています。これらは短期決着できる可能性が高いタイミングであるからこそ有効であることに注意しておきたいです。例えば孤立したtankを狙って瞬間火力を出し切っても「決着」せず生き残ってしまえば瞬間火力の意味がないです。これがtankとassassinではtank側有利だと言われる理由です。


2.mage assassinの比較
mage assassinは共にmidに行くroleです。火力の種類という観点から見れば、この2つのroleの違いはAOEダメージか単体ダメージかです。よってmageを扱うなら多くの敵に攻撃を当てることを意識すべきだし、assassinを扱うなら敵のadcやmageを狙うべきです。
では逆にこの2つのroleの共通点は何でしょうか。それは瞬間火力です。瞬間火力は、均衡している2v2などの小規模なfightに加わることで圧倒的な影響力を持つことができます。多大な影響力を持つことができるから、その頻度の多いmidに両者が行くのでしょう。midにこれらのroleがいることで、side gankやjugleでのfightへの寄りによって試合が動きやすくなります。

<相性の良いchamp>
ico_JarvanIV
jarvan IV:rek'saiと似ててtankyで機動性があり、打ち上げも可能。rek'saiとのcomboをつなげやすい。また、J4のultのring内に入ったり出たりすることも可能。

ico_Twistedfate

 twisted fate:似たglobal ultを持ち、数的有利を作りやすい。また、rek'saiのgankに合わせやすいstunを持つ

ico_Yasuo
yasuo:rek'saiの打ち上げにあわせてultをするのが強い。なるべく多くの人数に打ち上げを。また、ultがcoolかどうかはちゃんとcheckすること。

<counter champ>
ico_Kalista
kalista:rek'saiはkiteに弱い。teamの協力なくしては捕まえることはできないだろう。

ico_Jayce
jayce:吹き飛ばしが存在しkiteに優れるため厳しい。pokeの差もある。

ico_LeeSin
lee sin:序盤で火力差がある。また、rek'saiがEで逃げようとしてもQが当たりやすいため逃げにくく、また、こちらがlee sinを捕まえてもward jumpなどで逃げられやすい。また、jayceと同様に吹き飛ばしがある。

<現在の役割の考察>
以降は私の個人的な考察になります。参照にした記事が2014年の12月に書かれた記事なので、現在の役割と若干異なると思われる部分があるので、考察を加えます。

・積む武器の違い
以前は瞬間火力を求めhydraを積むのが主流だったようですね。ただ、現在はより相性の良い黒斧を積むのが主流となっています。そもそものrek'saiは、潜ってる最中からのWの打ち上げというCC、Qの視界取り、ultの寄りなど、skillを回し続けることによって価値を発揮しやすいchampです。よってCDRのある装備は相性が良いです。また、敵のArmorを下げる効果はどちらかというと味方にとって優位に働きやすく、味方が火力を出しやすくなります。機動力・擬似TPを持ち、寄りの性能が高く味方と行動起こしやすいrek'saiにとってこれも相性の良い効果と言えるでしょう。加えて黒斧のMS上昇はrek'saiの弱点であるkiteに対してある程度の抵抗を示してくれており、敵にしつこくまとわり付くことができます。以上から黒斧はrek'saiの武器としては圧倒的に相性が良いことが分かります。
この武器の変更により、rek'saiは数的有利を作れた集団戦における役割として、瞬間火力を出し切るtankyDPSではなく、味方を補助するtanky supportとしての意味合いを強めたと言えるでしょう。また、probuildを見る限り武器の話に限らず、一般にrek'saiの最近の傾向としてもtanky supportとしてのbuildを積む傾向にあります(solariを積んだり、tanky色を強めたり。後述します)

・jungle itemのエンチャント
以前は赤宝石が多かったそうですが、現在は緑宝石に派生させることが多いようです。理由としてはやはりrek'saiの役割がtankyDPSからtanky supportに変わったことが考えられます。自分で火力を出すよりはより硬くなることで味方を長く補助できる方がメリットが多い、ということだと思います。

・omenとdead man's plate
今でもomenはコアビルドであり、probuildにおいても一番積まれている装備です。slowのactiveおよび、AAを受けたときに敵のASを低減させる効果が、共にtanky support的役割に合致していることが理由だと考えられます。
それと似た役割のitemとして、最近導入されたdead man's plateが存在します。似た役割の装備のため同時に積まれていることは少ない印象です。
こちらはslowがより重く、MS上昇がengageに役立ちます。omenよりもengage能力が優れているので、数的有利を作りやすいrek'saiが戦いを起こしやすくなります。ただ、engageに成功した後の戦いにおいては、omenの方がAOE slowであり、単純に硬いためにomenが有利になります。よって数的有利を利用したengageを起こすことが少ないならomenの方が無難でしょう。
どちらが結論というわけではなく、状況により使い分けるものでしょう。

・最近のMR主流のsolari
今でもvisageは相性が良く上位の選択肢です。ただ、最近はsolariを積む率が高くなっているようです。集団戦においてrek'saiは正直弱いです(ultの集団戦におけるimpactがないので)。それを補うsolariということになります。visageよりも集団戦における貢献度はだいぶ違いますからね。

・現在の役割・強み
潜ってるときのQやソナーにより多くの視界情報を得ることが出来、高い機動性を持ち、ultによる擬似TP。数的有利を作るのに適したchampと言えるでしょう。よってbuildも同数対同数の集団戦で自ら活躍するものではなく、数的有利な状況においてより有利に働くものや、数的有利な状況をより作りやすいbuildが多くなっています。集団戦で活躍するよりも、良い集団戦を設計することが得意なのです。rek'saiを扱うときには数的有利というのが一つキーワードになると思います。
また、上で何度か書いていることですが、tankyDPSからtanky supportに移行しています。うまく味方と連携をとり、活躍していくことが求められるでしょう。

以上。思ったより時間がかかりました。

↑このページのトップヘ